最も一般的な絵画技法

数多くの異なる絵画技法がある中で、伝統的なものもあれば、他方で革新的で型破りなものもあります。一般的に絵画技法には、選ばれた素材に対して絵の具をどのように施すかが関連しており、今日、人気の高い絵画技法がいくつかあります。人によって異なる独自の絵画様式を用いており、その違いは素材、絵の具、筆のストロークの長さおよび方向、そして色の調合方法などによって生まれます。ここでは今日最も人気の高い絵画技法がどれかを見ていきましょう。

  • 鉛筆画

鉛筆画は最も簡単な技法で、多くの人はここから絵画の練習を始めます。この技法には特別な技術は必要ありませんが、上手になるためにはひたすら練習をする必要があります。また、鉛筆画はしばしば他の技法の準備工程とされていますが、この創造方法には鉛筆を使った濃淡の出し方などの成功への秘訣があります。

  • ガッシュ画

この技法は初心者に最適です。ガッシュ絵の具は絵画を習得するのに最適で、それらは実際に水で希釈されていて透明性はありません。ガッシュ絵の具は簡単に色を重ねることができ、色を使った絵画を上手に仕上げることができます。また、これらの絵の具を使って絵を描く際、別の色を作り出すためには、順番に色を塗り重ねるか、もしくは簡単にパレット上で混ぜ合わせるか、どちらの方法を用いてもよいのです。

 

  • 水彩画

水彩絵の具を使った絵画はやや複雑で、絵を描く人にとって謎に包まれているように感じられることもあります。この技法の何が欺的かと言うと、それは明らかに簡単そうでありながら、実際は絵の具に混ぜる水の量の調整が結構難しいという点です。水彩絵の具は透明性があり、液体状で、筆の動きが大いに反映されるため、完璧な作品を仕上げるのは難しい場合があります。しかし、その作品は純粋に魅惑的で、練習を積めばこれは最もお気に入りの技法になり得るのです。

 

  • 油絵

油絵はより複雑な技法で、油性塗料の施し方は2通りあります―下塗りをする場合としない場合です。下塗りをして油塗料を塗り重ねる場合、複雑な準備が必要になりますが、筆で油塗料もしくは絵の具の層を重ねるのに決まりはありませんので、いろいろと試すことができます。油塗料を使って絵画を描くのにはコツがあります。垂直方向の筆づかいで色を塗ると絵をうまく表現できない場合がありますが、並行方向に動かすことできれいに仕上げることができます。

  • パステル画

パステル画に挑戦したい場合、ザラザラして毛羽立った表面が必要になります。柔らかいパステルクレヨンは本当に何にでも利用でき、それは絵を描く際にも色を塗る際にも使うことができます。絵の輪郭を描き、その後上から色を塗ることもできますし、簡単に色を調合しながら軽いストロークで色彩豊かな絵を描くこともできます。パステル画に取り組もうと決めた場合、覚えておくべきことは、背景色が暗い方が見栄えがするため、人々はパステル絵画には色画用紙を使うことが多いということです。

 

このように、多くの異なる絵画技法があり、ここで紹介した物は最も使われているものばかりです。それぞれにコツや秘訣があり、どれもとても素敵に見えます。ひたすら練習を積んで自分のやり方を見つければ、たちまち傑作を生み出すことができるでしょう。